家やマンションを借りるのとは違い、一戸建てを購入するとなると1000万単位の資金が必要になります。年収に余裕があり現金でぽんと右から左へ出せる人はそうそういないでしょうし、まず手始めに住宅ローンを利用する事になります。あくまでもローンはローンですから毎月返済をしていく事になります。一戸建ての購入計画を立てるという事はすなわち、ローン返済計画をたてるという事と同じ事になるのです。

ちなみに住宅ローンは通常どういったところが利用されているかをリサーチしてみると、メガバンク・地方銀行・労働銀行・JAバンク・信用銀行・ネット銀行・郵貯銀行など、金利が低そうで融通が利きそうな銀行系が多い事がわかります。かねて言われていたように銀行は審査が厳しいですから将来設計が筋道立ててできている事や、滞りなく返済ができるという信用がないと審査に通らない厳しさもありますが、審査を通過できたという事は社会的信用があるという証明にもなります。

実際将来的に家計に重圧がかかってくるような無理な計画では、いつかは破綻してしまいかねませんし夢を持って建てたマイホームを失う事にもなりますから、誰がみても納得できる資金計画をたてるこつを心得ておく事は重要です。家計への負担を軽くするポイントの1つは保険の見直しをする事です。通常生命保険は一生のうちにする3大贅沢と言われるほど、意外と不必要な部分が多いコンテンツの1つです。ライフプランナーを通しての生命保険の“デトックス”をおすすめします。