最低限の必要だけに


一戸建てにせよマンションにせよ初めてマイホームを購入する時は、何から手をつけたら良いか見当がつかないという事もあるでしょう。不動産会社で一戸建ての注文をすると、資金計画の相談にのってくれる事も多いですし、最寄のローン会社をすすめてくれる場合も多いです。わからない事はどのような事でもまずはプロに相談するのが無難です。

一戸建てを計画しよう
画像引用元 ≪ポラス_一戸建て販売

ただしローンの利用に関しては高額な資金を長期にわたって返済していく事になりますから、複数のローン会社をリサーチして最も無理ない返済ができそうな会社をリサーチしてみるのがオススメです。その際に注意しておきたい事は金利の低さにだけ注目せず長い目で検討してみる事です。

金利が低いという事はそれだけ長期にわたっての返済になるわけですから、仮に病気入院や事故あるいはリフォームの必要性など、思いがけない出費が発生しても返済できるのかなど、綿密な将来設計も重要です。

国の制度では様々な住宅関連の支援制度を設置してくれていますから、どういった制度が利用できるかを把握しておくこともいざという時に役立ちます。国が定めた住宅関連制度はいくつか種類がありまして新築だけではなく中古住宅購入やリフォームに関しての補助金制度なども設定してくれていますから、これらを上手に活用しながら資金のデトックスをしていく事も長い目でみていった時に大いに役立つはずです。ネットからでも検索できます。

手始めに始めるのは


家計のデトックスを手っ取り早くするなら生命保険を見直すのがオススメです。意外と重複加入による無駄な出費をしている場合がありますから、ライフプランナーに家計の点検をしてもらい、どこがどれくらい削り落とせるかを点検してもらうのは有効です。実際一戸建て住宅の購入をきっかけに保険の見直しをするケースも多いですから、近隣の保険ショップへ問い合わせるかネットから保健相談を申し込むなどしてみてください。

ちなみに最低限度必要な保険は万が一の死亡保険と入院保険です。国でも高額療養費など入院補助を含む便利な制度を施しているため、不足分を生命保険でカバーする感覚を持つことが理想です。一戸建て住宅をいつ購入予定かにもよりますが、もしも今現在子どもがまだ就学前であれば今後教育費もかかってくる事や、通常30年以上の返済期間になる事も予測できますから、今後家計に降りかかってくるであろう出費も忘れずに計画に盛り込みます。

デトックスした分だけ余剰金が出たら、日々の生活費および老後のための貯蓄も念頭に置いた上での無理のない返済計画をたてる事が重要ですから、35年ローンを借りるとして毎月どれくらいなら家計に負担なく返済できるかを算出してみるのが良いでしょう。

一戸建て購入計画


家やマンションを借りるのとは違い、一戸建てを購入するとなると1000万単位の資金が必要になります。年収に余裕があり現金でぽんと右から左へ出せる人はそうそういないでしょうし、まず手始めに住宅ローンを利用する事になります。あくまでもローンはローンですから毎月返済をしていく事になります。一戸建ての購入計画を立てるという事はすなわち、ローン返済計画をたてるという事と同じ事になるのです。

ちなみに住宅ローンは通常どういったところが利用されているかをリサーチしてみると、メガバンク・地方銀行・労働銀行・JAバンク・信用銀行・ネット銀行・郵貯銀行など、金利が低そうで融通が利きそうな銀行系が多い事がわかります。かねて言われていたように銀行は審査が厳しいですから将来設計が筋道立ててできている事や、滞りなく返済ができるという信用がないと審査に通らない厳しさもありますが、審査を通過できたという事は社会的信用があるという証明にもなります。

実際将来的に家計に重圧がかかってくるような無理な計画では、いつかは破綻してしまいかねませんし夢を持って建てたマイホームを失う事にもなりますから、誰がみても納得できる資金計画をたてるこつを心得ておく事は重要です。家計への負担を軽くするポイントの1つは保険の見直しをする事です。通常生命保険は一生のうちにする3大贅沢と言われるほど、意外と不必要な部分が多いコンテンツの1つです。ライフプランナーを通しての生命保険の“デトックス”をおすすめします。